フトレマックスをアマゾンで買う!?ちょっとまった!実は35%オフで買う裏技があります

ウエストの引き締め

2018/10/22

ウエストをダイエットで引き締めたいという人はかなりたくさんいるでしょう。

筋肉は加齢と共に、運動をしていてもだんだんと衰えていくものです。

ウエストは一層脂肪がつきやすく垂れ下がりやすくなるのが、普段から運動不足の場合です。

内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があるのが、ウエストの脂肪です。

蓄積されすぎると健康にも良くありませんので、いずれも生命活動のエネルギー源となる大事なものとはいえ限度があります。

背筋と腹筋をバランス良く鍛えることで、ウエストを引き締める効果を得ることができるようです。

脂肪を燃焼させる以外の取り組みで、ウエスト引き締めに効果があるものが存在します。

お通じが良くない人や、下腹部が張ったりする人は、ウエストの引き締めが便秘対策によってできる場合があるようです。

空気や老廃物が腸に溜まっていると見えてしまうのが、お腹はぽっこり突き出している感じです。

食生活の改善により、腸の働きを良くすることも効果的です。

ウエストを引き締めたいからと食事量を減らしすぎていると、腸に送られてくる物の量が少なくなって腸の活動が弱くなることがありますので気をつけましょう。

猫背気味の姿勢も、ウエストのたるみの原因になります。

良い姿勢でいることもウエストの引き締めにつながりますので、背筋をピンと伸ばし、おへそにキュッと力を込めているように気を付けましょう。

二の腕の引き締め

薄着の季節になると気になるのが、二の腕の引き締めではないでしょうか。

キャミソールやタンクトップから出ている二の腕がたるんでいると、実際の体重より太って見えてしまいます。

物を持ち上げたり自分の方に引っ張る使う外側の筋肉と、物を下ろしたり自分から押しのける時の内側の筋肉とがあるのは、二の腕です。

物を下ろす時や押しのける時に使う筋肉が、日頃はあまり使う機会がない筋肉です。

当たり前のことですが、脂肪は使わない筋肉には蓄積されるようです。

セルライトが時には溜まってしまい、でこぼこが皮膚にできてしまうこともあるでしょう。

二の腕を引き締めるために必要なのは、内側にある筋肉を使う運動をすることです。

二の腕の引き締めに、ダンベル体操がおすすめの方法です。

手近にダンベルがなければ、水を500mlのペットボトルに水を入れて使いましょう。

ダンベルを引き締めたい側の腕で持ち、ダンベルを地面から垂直に持ち上げる運動です。

ポイントは、肘が動かないように意識することだそうです。

持ち上げるときには、二の腕の筋肉を強く収縮させるよう意識します。

きちんと筋肉を動かすことによって期待できるのが、さらなる引き締め効果です。

ダンベル運動を行うときは、ゆっくりした上げ下げを1度に10回程度が良いでしょう。

エクササイズには他にも、二の腕の引き締めに有効なものがあります。

下半身の引き締め

下半身の引き締めについてです。

女性の体は上半身より下半身に脂肪がつきやすく、洋なし型の肥満が多い原因にもなっています。

心臓から遠いためにむくみやすく、運動不足が続くと筋肉量が減り代謝が低下してしまうのが、下半身の特徴です。

多くの人が、下半身を引き締めてプロポーションを改善したいと思っています。

なかなか引き締めは思い通りにはいかないのも現実です。

下半身の引き締め効果をもたらすのは、ウォーキングやエクササイズなど、下半身の筋肉を動かす機会を積極的に作ることです。

続けやすいのは、テレビを見ながら、食事を作りながらなど日頃の生活習慣の間にエクササイズを行うことなのです。

サイクリングやウォーキングを、通勤や通学のときに行うというのもひとつの方法でしょう。

自律神経の調整にも効果的なのは、運動によって体を適度に疲労させることで睡眠も深くなり、目覚めも快適になるからです。

さらに下半身の引き締めに有効なのは、硬くなっている筋肉を運動によって柔らかくすることです。

激しい運動でなくても、ヨガやピラティスのようなゆるやかな運動も効果があります。

少なくとも1~3カ月は、筋肉の代謝が増えて引き締め効果を体感するまでにはかかるといいます。

気長に続ける意欲が重要なので、実感がないからと諦めず、下半身の引き締めを続けましょう。

最近のコメント
    カテゴリー