フトレマックスをアマゾンで買う!?ちょっとまった!実は35%オフで買う裏技があります

足やせの方法

2018/10/22

足やせなど、部分やせはなかなか思い通りにいかないものです。

痩せることのみを目的に行うダイエットなら、栄養バランスの取れた適切な食事の他、運動ができれば何でも構いません。

体重を減らすことができるでしょう。

ダイエットは様々な方法がありますが、一部分だけ痩せるという方法はわずかです。

一体どうすれば、足やせを実現することができるでしょう。

腹回りや腕と違って、足は皮下脂肪さえなくなればきれいに引き締まるわけではありません。

足やせでは、キュッと引き締まった見事な下半身のラインを作ることがダイエットの目的になりえるといえるでしょう。

部分やせではストレッチやエクササイズが一般的であり、足やせも例外ではありません。

エクササイズやストレッチで行う足やせ運動を、気長にコツコツ続けましょう。

習慣化して続けていれば、気づけば足が細く美しくなっていることでしょう。

毎日少しずつ取り組むことがダイエットでは大事です。

ダイエットが成功するかどうかは、続けることができるかです。

継続していけば徐々にダイエット効果が出るようになり、毎日身体を動かすことも苦ではなくなります。

実感できるようになってしまえばこっちのものです。

足やせを成功させ、理想の足を手に入れる日はそう遠くはないと言えるでしょう。

足やせにはエクササイズ

足やせによってどんなふうに足を細くしたいかは、実践する人によって違います。

足と一口にいっても、ふくらはぎ、足首、太ももなど色々な部位があります。

どこを細くしたいかをはっきりさせましょう。

太ももが太く見える原因は、皮下脂肪にある人が多いようです。

使いきれないエネルギーが皮下脂肪になっているわけです。

どうして脂肪の層が厚くなってしまっているのでしょうか。

消費しきれなかったカロリーが、脂肪として太ももに蓄積されるためす。

太ももの血流を改善し、筋肉を使うストレッチやエクササイズが、太ももやせには効果があります。

たるみやむくみがふくらはぎに集中している方もいます。

ふくらはぎは歩く、立つ、ジャンプするなど足の関節の曲げ伸ばしに関わるひふく筋という筋肉があります。

ひふく筋を使った運動が、ふくらはぎを引き締めます。

ひふく筋を使った運動をすることで血流が改善され、引き締まったふくらはぎになります。

むくみ解消効果もあります。

足はむくみのために太くなったり、脂肪が溜まったために太くなったりと色々な理由があります。

足やせ効果があるストレッチやエクササイズで足の筋肉を積極的に使いましょう。

食事改善は体重減少に役立ちますが、足の部分やせ効果は薄いといいます。

足やせのためのエクササイズ

どういったエクササイズやストレッチで、足やせを達成できるのでしょう。

太ももの脂肪をとるのに効果のある代表的なエクササイズの例をひとつあげます。

壁に背をつけて直立し、いすに座る感覚で足を直角に曲げる姿勢になります。

そのまま姿勢を崩さずに一分キープします。

つらいかもしれませんが、効果はてきめんです。

慣れないうちは10秒程度の短時間から開始し、段々と時間を延ばしていくようにします。

いくら足やせに効果があるからと言っても無理は禁物です。

足やせエクササイズは一日の量より毎日の積み重ねが肝心です。

ふくらはぎのひふく筋を刺激して足やせをする方法もあります。

足を肩幅より少し広めに開いて立ち、左右の足を前後に開きます。

両手を前に出してヒザに乗せ、息をはきながら前に出した足に重心をかけます。

その後、後ろの足を伸ばしてかかとをぺったりつけたままにします。

10秒から15秒、姿勢を保持してください。

一式終了したら、足の前後を変えて左右対称の運動を行います。

足のむくみは、足やせを阻む由々しき問題だとされていますが、その原因には血流の停滞などがあります。

足の筋肉を積極的に使い、生活リズムを見直して代謝を改善することで足やせ効果が期待できるといいます。

最近のコメント
    カテゴリー